ホーム > 学科・専攻 > 生活文化学科 食物栄養専攻 > 学習成果、実績報告 > 「和歌山だから作れるお弁当」開発

生活文化学科 食物栄養専攻

「和歌山だから作れるお弁当」開発

syokumotu090810.jpg

平成21年6月から8月まで、和歌山信愛女子短期大学と和歌山大学の学生が協力し、和歌山県の食材をふんだんに使用した「和歌山だから作れるお弁当」の開発に取り組みました。

ライブ授業と集合授業で学んだ学生は、6つのグループに分かれてお弁当のテーマを決めた後、和歌山県産の熊野牛や梅鯛、ほろほろ鳥、そして桃やミカンなどを使った6種類のオリジナル弁当を考案。

 7月11日には本学に集まり、試作品を試食しながら「和歌山らしいお弁当」について検討。その結果、和歌山とカラフルを組み合わせた『和歌フル弁当』と、『和歌山のウメェ(梅)弁当』の二つに決定。7月25日には、信愛女子短期大学のオープンキャンパスの中で、販売前のお弁当を高校生に試食してもらいながらアンケート調査を行い、より良いお弁当開発を目指しました。

その後検討を重ねたお弁当を、8月10日にJR和歌山駅で販売。用意した100個のお弁当が30分で完売するなど、今回の取り組みは市民や参加企業、メディアなどから高い評価を受けました。

syokumotu09081002.jpg syokumotu09081001.jpg

サイトマップサイト利用上の注意プライバシーポリシーリンク

和歌山信愛女子短期大学
〒640-0341 和歌山市相坂702番2
TEL:073-479-3330 FAX:073-479-3321 E-mail:kouhou@shinai-u.ac.jp

©2010 - 2017 WAKAYAMA SHIN-AI women's junior college