ホーム > 学科・専攻 > 生活文化学科 食物栄養専攻 > カリキュラム・ポリシー

生活文化学科 食物栄養専攻

カリキュラム・ポリシー

食物栄養専攻のカリキュラム・ポリシー

  • 一人ひとりを大切にする人間愛にあふれ、豊かな教養と知性を有した、心身ともに健康な女性を育てるために、基礎教養科目群と専門教育科目群を配置する。
  • 少子高齢社会において、人々の健康の保持・増進に寄与する人材を育成するために、栄養士養成課程を専門教育科目群に配置する。
  • 論理的な思考力と知識・技能に基づく適切な判断と実践的な問題解決能力を養うために、実験・実習科目および卒業研究を配置する。
  • 良好な対人関係を構築するためのコミュニケーション能力を磨き、チームワークの重要性を認識してリーダーシップを発揮できる社会人を養成するために、専門教育科目群を配置する。

1年次

栄養学はもちろん、食品学や化学、運動生理学など幅広い基礎学力を修得。調理学実習Ⅰ・Ⅱでは、実践の場で活かせる調理の基本を身につけます。

社会生活と健康 ・公衆衛生学概論
人体の構造と機能 ・有機化学
・運動生理学
・生化学
食品と衛生 ・食品学Ⅰ(総論)
・Ⅱ(各論)及び総論実験
・食品衛生学
栄養と健康 ・栄養学概論
・ライフステージ栄養学(各論)
・臨床栄養学概論
栄養の指導 ・公衆栄養学
・栄養指導論Ⅰ(基礎知識)
・Ⅱ(応用)及び実習 Ⅰ
給食の運営 ・調理学及び実習Ⅰ(基本調理)
・Ⅱ(日常食)
・給食管理及び実習Ⅰ(給食計画)
12_06_26_信愛_0262.jpg
その他選択必修科目 ・介護概論
・食品学総論演習
・病理学概論

2年次

食物栄養専攻科目の応用分野を中心にしたカリキュラム編成。実習や実験科目が多く、時代の変化に合った、実践型の栄養士を目指します。

社会生活と健康 ・社会福祉概論
人体の構造と機能 ・解剖生理学及び実験
・生化学実験
食品と衛生 ・食品学Ⅲ(加工・所蔵、微生物)及び各論実験
・食品衛生学実験
栄養と健康 ・栄養学各論実習
・臨床栄養学各論
・臨床栄養学実習Ⅰ(計画)Ⅱ(実習)
栄養の指導 ・栄養指導論実習 Ⅱ
給食の運営 ・給食管理実習 Ⅱ(給食実習)
・Ⅲ(校外実習)
その他選択必修科目 ・健康管理概論
資格取得のための専門科目 ・薬理学
・医療秘書実務及び実習
・医療事務総論
・医療事務演習
・介護技術
・介護実習
セミナー ・実習セミナー
・実力試験セミナー
12_06_29_信愛_0022.jpg

ピックアップ授業

栄養士、医療秘書実務士、介護保険実務士の資格が取得できるカリキュラムにより、医療・福祉の知識や技能も身につけ、現代の栄養士に求められる総合的な力を養います。

生化学実験
12_06_28_信愛_115.jpg 人体に欠かせない栄養素の化学的性質や、体内での変化(代謝)をできるだけ目に見える形でとらえ、分析します。栄養素同士、また体内にある物質との関係など、様々な要因による影響を徹底的に把握し、栄養指導や調理の基礎を養います。
栄養指導論実習 Ⅱ
IMG_15212.jpg 各専門教科で学習した基礎知識を栄養指導の現場で生かせるよう
に、実践的応用技術を習得。個人や集団に対する栄養指導案を作成
して実演し、栄養指導の進め方、適切な媒体の作成など、指導方法
と技術を体得します。
食品学各論実験
P10222.jpg 前期は、個々の食品がもつ特性を調べる実験を行い、得られた実験結果をもとに考察する力を養います。後期は、加工食品に対する観察力と科学的思考力を養い、加工食品の選択、品質を鑑別する力を身につけます。
調理学実習Ⅰ・Ⅱ
栄養学・食品学・調理学の基本的理論を踏まえ、それを実践する具体的な調理能力を修得。前期は、基本調理操作や日本・西洋・中華料理の初歩を学び、後期は、行事食を含む豊かな食生活維持のための調理能力を修得します。

サイトマップサイト利用上の注意プライバシーポリシーリンク

和歌山信愛女子短期大学
〒640-0341 和歌山市相坂702番2
TEL:073-479-3330 FAX:073-479-3321 E-mail:kouhou@shinai-u.ac.jp

©2010 - 2017 WAKAYAMA SHIN-AI women's junior college