生活文化学科 食物栄養専攻

OGからのメッセージ

voice 01

次のステップである管理栄養士をめざし、信愛短大とのつながりはまだまだ続きそうです。

13_01_22_信愛_0412.jpg職場は保育園で、主な仕事は、昼食やおやつの献立作成をしています。また食育も役割のひとつ。食べ物や食べることの大切さについて、子どもたちに語りかけています。例えばカレーライスの歴史とか、お餅のこととか。子どもにはまだ難しいかもしれませんが、「元気になれるから、ちゃんと食べてね!」と言うと応じてくれます。とにかく食べることを好きになってほしいですね。私自身食べることが大好きで、栄養士という職業に興味をもちました。信愛在学中、時には厳しく指導いただきましたが、2年間のすべてが糧になっています。これからの目標は、上級資格である管理栄養士の資格を取ること。信愛ではその受験対策講座が社会人向けに実施されています。信愛とのつながりは今後も続きそうです。

voice 02

『あなたは“食物の博士”になるのですよ』学長先生のお言葉が、今も心に響いています。

11_02_22_信愛_0122.jpg「信愛卒業から早や30年。栄養士として社会に出、結婚や育児で一時期主婦業に専念しましたが、再び栄養士に復帰。現在は病院・福祉施設に食事サービスを提供する会社で、お客さまのパートナーとして、従業員の人事管理などを担当しています。思い出されるのは、信愛の入学試験の面接で、学長先生が『あなたはこれから“食物の博士”になるのですよ』とおっしゃったこと。まさに食の分野は奥が深く、食への私の探求は今なお続いています。そして今年も後輩が入社します。勉強することは多いけれど、栄養士として活躍できるようにサポートをしていきたいです。

voice 03

あらためて思う食育の大切さ。食べることは生きること、そして心をつくります。

12_02_07_de.jpg

栄養教諭として、献立作成など給食に携わると共に、食に関する指導を行っています。健康な体づくりのために「どんなものを、どれだけ、どのように食べるとよいのか」を子ども達と考えています。食育の授業を通してマナーや自然のめぐみ、食文化についても関心を深め、豊かな人間性と生きる力を身につけてもらえればと、日々取り組んでいます。このように食育は、子ども達の健やかな育ちにはとても大切だと考えられ、約6年前に食育を担う栄養教諭の制度が作られました。しかし信愛の先生方はずっと以前、私が学生だった頃から食育の重要性を語っておられました。将来どんな時代が来るかを見通されていたのです。卒業してから20年以上経過した今でも先生方と交流をもち、ご助言をいただいています。

voice 04

大学での学びと職場での経験。
その集大成として、管理栄養士の資格を取ることが一番の目標。

12_02_08_nor.jpg

「今日の給食何?」「きのうの給食おいしかったよ!」。給食を楽しみにしてくれる子どもたちの声に励まされています。私が栄養士の仕事に興味をもったのは高校生のとき。家族のために低カロリー料理をあれこれ考えてみたのがきっかけでした。信愛の食物栄養専攻に進学し、最初は難しい分野だなと感じたものです。科学的実験を行う授業が意外に多いのには少し驚きました。調理関係では、一度に100食分の大量調理をしたことが印象に残っています。大学での学びや職場経験の集大成として、管理栄養士の資格を取ることが一番の目標です。

voice 05

みんなを元気にしたい気持ちが原動力。おいしさの隠し味は、愛情です。

高校生のときに祖母の食欲が落ち、元気になれる食事を作ってあげなきゃと思ったのが、栄養士の道に進んだきっかけです。現在、病院勤務の栄養士として、主に入院患者さんの献立を作成。塩分制限、水分制限など個々の患者さんのデータを受け取り、パソコンを使って栄養計算しながら料理を考えています。さまざまな制限がある中でいつも心にあるのは、できるかぎりのおいしい料理を提供したいということ。そして食べることを楽しんで欲しいということ。心身ともに健康を願う気持ちは、栄養士も医師に負けないくらいあります。『おいしかったよ!』と声をかけてもらったり、回復してゆく姿を見ると、嬉しさはひとしお。栄養士という職業にとても誇りを感じていますし、毎日が楽しいです。今後の目標は、上級資格である管理栄養士の資格取得。試験に向けて、信愛のテキストをもう一度開いてみようと思っています。

voice 06

各所で活躍する信愛出身の栄養士がともに高め合うネットワークをつくりたい。

チーム医療を出発点に、現在は福祉の世界で入所者さんの健康をサポートしています。『体調が良くなったのは栄養士さんのおかげ』と、利用者さんから元気よくお言葉を頂戴するのは何よりの励みです。私は、和歌山県栄養士会副会長の任を預かっていますが、信愛卒業の栄養士が多彩な現場で活躍していて、誇らしく思っています。ひとつの心、ひとつの魂。卒業生が先輩後輩の垣根を超えてつながり、ともに高め合っていけないかと模索しているところです。

サイトマップサイト利用上の注意プライバシーポリシーリンク

和歌山信愛女子短期大学
〒640-0341 和歌山市相坂702番2
TEL:073-479-3330 FAX:073-479-3321 E-mail:kouhou@shinai-u.ac.jp

©2010 - 2017 WAKAYAMA SHIN-AI women's junior college