ホーム > 学科・専攻 > 生活文化学科 食物栄養専攻 > 食物栄養専攻の学びのポイント

生活文化学科 食物栄養専攻

食物栄養専攻の学びのポイント

12_10_24_信愛_074.jpg

食物栄養専攻の学びのポイント

知識と技能が身につく、きめ細かな少人数制指導

少人数制を導入した教育システムにより、栄養士に必要な数学・生物・化学などの基礎知識をしっかり習得。学生の理解度を考慮しながら授業は進みます。学生と教員の距離が近いため、質問なども遠慮なくできます。

栄養士をはじめ就職に直結する資格を取得できる

本学は、和歌山県下で唯一、栄養士資格が取得できます。栄養士免許のほかにも、医療秘書実務士、介護保険実務士など、専門職に就くために有利な資格を卒業と同時に取得できる体制を整えています。

調べ、考え、作り、評価する。実践力重視の授業

食の現場で、さまざまな判断が求められる栄養士。数多くの実験や実習を通して、現場での考察力や応用力を実践的に養います。特にグループワークでは、栄養士に必須のコミュニケーション能力が身につきます。

サイトマップサイト利用上の注意プライバシーポリシーリンク

和歌山信愛女子短期大学
〒640-0341 和歌山市相坂702番2
TEL:073-479-3330 FAX:073-479-3321 E-mail:kouhou@shinai-u.ac.jp

©2010 - 2017 WAKAYAMA SHIN-AI women's junior college