ホーム > ニュース・イベント > 対面式授業実施のためのガイドラインについて

対面式授業実施のためのガイドラインについて

2020年6月1日
和歌山信愛女子短期大学
学長  森田 登志子

和歌山信愛女子短期大学では、6月1日からの一部対面式授業再開にあたり、以下のガイドラインを定め、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に努めます。

和歌山信愛女子短期大学 対面式授業実施のためのガイドライン

○登下校時

  • 健康管理シートによる登学前の健康チェックを徹底します。
  • 体調不良の学生には自宅療養を促し、感染防止に努めます。
  • 対面式授業と遠隔授業の組み合わせによる、分散登校を実施します。
  • 通勤・通学電車での感染防止のため、希望者には車での通学を許可します。

○対面式授業

  • 大教室の利用、もしくは少人数クラスでの授業を行い、密集を防ぎます。
  • 教室の窓はこまめに開放するなど換気を徹底し、密閉を防ぎます。
  • 学生・教職員にマスク着用を徹底し、教員のフェイスガード着用で密接を防ぎます。
  • 使用した教室の消毒・清掃を徹底します。
  • 手洗い場を拡充し、受講前後の手洗いを徹底します。
  • 感染が疑われる症状で自宅待機となった学生には、届出により配慮(成績の配慮・補充授業の実施など)を行います。

○昼食等休憩時間

  • 換気、マスク着用、手洗いの徹底で、密室・密閉・密集を防ぎます。
  • 食堂は座席配置を変更し、対面にならないように配慮します。

以上


6月12(金)追記:
和歌山信愛女子短期大学 新型コロナウイルス感染症対応ロードマップ
(6月1以降、6月12日現在まで、本学はレベル2での対応をしております)

サイトマップサイト利用上の注意プライバシーポリシーリンク

和歌山信愛女子短期大学
〒640-0341 和歌山市相坂702番2
TEL:073-479-3330 FAX:073-479-3321 E-mail:kouhou@shinai-u.ac.jp

©2010 WAKAYAMA SHIN-AI