ホーム > 研究者情報 > 大道 えりつ

大道 えりつ

学位 博士(臨床教育学)
所属 和歌山信愛女子短期大学 保育科
職名 助教
研究教育分野
キーワード
| 【幼児教育と教育相談支援】 | 発達心理学(発達理論) |

研究内容

  • 発達心理学(発達理論)
  • 甘え

主な研究業績

【論文

  • 「Significance of amae as a transitional mechanism: Function and role of the “zone of practicable adaptability”」 人間環境学研究12巻2号(2013)

【学会発表

  • 「関係性発達の新たな視点として甘えが意味すること(3)―移行期における甘え機能の実証―」日本発達心理学会第24回大会(2013)
  • 「関係性発達の新たな視点として甘えが意味すること(2)―発達の変化をバッファーするメカニズムとしての機能と役割―」日本発達心理学会第23回大会(2012)
  • 「関係性発達におけて甘えが意味すること―自立と依存からみた甘えの役割―」第8回子ども学会議学術集会(2011)
  • 「関係性発達の新たな視点として甘えが意味すること―甘え、愛着、依存の関係性からの検討-」日本発達心理学会第22回大会(2011)

所属学会

 

サイトマップサイト利用上の注意プライバシーポリシーリンク

和歌山信愛女子短期大学
〒640-0341 和歌山市相坂702番2
TEL:073-479-3330 FAX:073-479-3321 E-mail:kouhou@shinai-u.ac.jp

©2010 WAKAYAMA SHIN-AI